ときには空を見上げて

忙しい毎日のなかで、ふと空を見上げて思いついたことなどを、心の向くままに。

note

ワクチン副反応で感じた健康のありがたみ

昨日、3回目のワクチンを接種してきました。 前回の副反応が強かったので、正直なところかなり迷いがありました。 職場でも3回目の接種をする人が増えてきて、それを前提とした感染対策の緩和、企業活動の再開がされる雰囲気も出てきてしまい、諦めました。 …

会社での仕事に全人格をかける必要はない、自分ができる範囲で役割を演じればいい。

今回の内容は会社や人によるかもしれません。 サラリーマン生活が長くなって思うこと。それは会社では役割を演じることを意識すると心が楽になるということ。 会社で仕事していると、社内、社外を問わず、年齢やバックグラウンドの違う多くの人たちとの人間…

悩みは制限時間を決めて悩んでみる。

悩んでもきりがないことを、いつまでも考えてしまうことはないでしょうか。 私はよくあります。悩みだけではなく、不満や腹が立ったこと、心配事など。ネガティブなことほど、そうなんです。 以前読んだ本に書いてあったのが、『悩みは時間を切る』というこ…

メンタルの問題をメンタルで解決しようとする前に、生活を改善してみる

メンタルヘルスが損なわれたとき、メンタルの問題は心の持ちよう、考え方で何とかしようとしてしまうこと、ありませんか。 私自身、自分のメンタルをメンタルだけで改善しようとあがいていた時期がありました。 今思えばパニック障害の始まりの頃だったので…

『柳に風』でしなやかに生きたい

「柳に風」ということわざがあります。「逆らわないことで災いも受けない」という意味で、柳が折れることなく、風になびいている様子をたとえたものです。 昨日のnoteで、メンタルにも波があるのが当たり前、調子が良くなときはそれなりで構わないと書きまし…

メンタルにも好不調の波があるのは当たり前。調子が良くない時はそれなりで良い。

誰でも体調が良くない時があるように、メンタルの調子も、日によって、時間によって、波があります。ところが、私は一時期、常にメンタルの調子が良い状態にしたい、無敵のメンタルを身に付けたいと本気で思っていた時期があります。特に、パニック障害の症…

自分の思い通りにいかないことが多い時は、“自分の思い“を見直すのも一つの方法

先日、人に伝えることの難しさ、相手に100%理解してもらうことを期待しないことについて書きました。 伝わらないことが当たり前、相手に100%の期待をしない。 - ときには空を見上げて そこにも通じることですが、物事が自分の思い通りにいかないことがあっ…

何事も“腹八分目“。人生には余白を持っておきたい。

以前、我が家には「腹八分目」と筆で書かれた紙が貼り出されたことがありました。 妻がダイエット中に貼っていたものですが、これを何度も目にするうちに、食事もそうですが、仕事や人間関係、日頃の生活にかける力も八分目、あるいは七分目、六分目でもいい…

伝わらないことが当たり前、相手に100%の期待をしない。

自分が中間管理職になって特に難しいと思うこと。 それは、伝えることの難しさです。 もともとコミュニケーションが得意な方ではないのですが、曲がりなりにも中間管理職になれば部署のメンバーにお願いしなければならないことも多くなります。 しかし、これ…

在宅勤務をきっかけに仕事や会社そのものが嫌いではなかったと気づいた話

私の会社では、在宅勤務勤務ができるようになって2年が経ちました。 今は時々在宅勤務を混ぜながら基本は出社するハイブリッド型という状態です。 私の場合は通勤時間が往復で3時間を超え、さらにパニック障害になってからは満員電車が大の苦手になったこと…

noteを始めて、これまでの読書が自分の人生に活きていることを実感できました。

noteを始めてから、自分の普段思っていることや気をつけていることを書くようになりました。 書いている時に気づいたのが、これまで本を読んで出会ったことが、役に立っていること。 以前も書きましたが、無理な仕事と私生活がたたって、30代でパニック障害…

良い人間関係を築くためには、ほどよい距離感を意識

4月に入って新しい生活が始まった方も多いと思います。それに伴って、新しい人間関係を築き始めている頃でしょうか。 私自身、人付き合いが苦手なこともあり、程よい人間関係を築くことが苦手です。 それでも、長年のサラリーマン生活と子育てで成長させても…

文体の悩み。である調とですます調。

noteを始めて50日が経過した。自分でもこんなに続くとは思わなかったが、ここまで毎日書き続けることができたことで、少し自信というか、前向きな気持ちが出てきている。 とはいえ、ここにきて、今日は何を書こうかと悩むことも多くなってきているのは間違い…

YouTubeに学んだ「日常を楽しむ力」

アラフィフながら、最近はテレビよりもYouTubeや動画アプリを見る時間の方が長くなった。 テレビは基本的に受け身、流れてくる情報を受けることになるが、どうしてもネガティブな情報や心に優しくない番組も目に入ってしまう。そう言いつつ、見なくなったキ…

新しい生活が始まった方へ。『とにかく自分を大切に』自分の人生を歩んでほしい。

今日は4月1日。入学式や入社式が各所で行われたと思う。次女も今日が大学の入学式で、無事に入学を迎えられたことをありがたく感じている。 娘に限らず、入学や入社をされた方は、きっと未来への希望と不安で胸を膨らませていることと思う。 頼まれてもいな…

自分の本音に沿った選択することを心がけるだけで人生が変わり始めた。

これまでの50年近い人生は、もちろん、自分なりの選択をしてきたつもりだった。ただし、自分が本当に選びたい選択をしてきたかというと、そうではなかった。 元来、私は周りの目を気にしたり、気を使ったりすることが多く、子どもの頃は親や兄の言葉を、思春…

散歩を趣味にしてみたら、歩くだけで人生が楽しく、楽に生きられるように。心身の健康にも一役かってくれている。

私には趣味がほとんどなかった。これまで生活のほとんどを仕事に費やしてしまい、休日も普段できない家事や家族との時間を優先しつつも、消耗した心身を回復させるのがやっとの状態が長く続いていた。 そんな生活を入社以来ほとんどの職場で続けていたのだが…

否定形『〜しない』を実践するのは難しい。肯定形に置き換えよう。

日常生活の中で、無理をしないようにしよう、心身に悪いことをしないようにしよう、と思うことは結構多い。 しかし、そう思っていても、無理をしてしまったり、心身に悪いことをしてしまったりする。 緊張や不安、怒りなどの負の感情も同じで、やめようと思…

マルチタスクをやめてシングルタスクを心がけると心が安定する。

テレビや動画を見ながら食事をしたり、音楽を聴きながら本を読んだり、スマホを見ながら歩いたり。意識するかしないかに関わらず、刺激の多い現代社会では自然とマルチタスクになっていることが多い。 ところが、このマルチタスクが脳に良くないという。以前…

自分の不安や悩みに自分で答えてみる。自分なりのセルフケアノートを書いてみたら。

私は心配性で、不安や悩みがあると、それを漠然と繰り返し考えてしまうことが多い。 一番は気の置けない仲間や友人に話を聞いてもらうことなのだと思うが、私にはそれも難しい。 不安や心配性などの本も結構読んだりした結果、今まで試して、一番効果があっ…

急に時間ができて戸惑うアラフィフおじさん。「人生二毛作」という言葉に出会い、前を向く。

次女が大学寮で一人暮らしを始め、妻と愛犬とだけの暮らしになって初めての週末を迎えた。 次女ともLINEで何度かやり取りしていることもあって、娘のいない生活にも少しずつ慣れてきた。それにしても、アラフィフ夫婦2人になると、こんなに静けさが訪れ、家…

どんなときも、ゆっくり、ていねいに生きてみる。

何かと忙しい毎日であったり、急いで何かをしなければならないとき、どうしても焦ってしまい、いつも通りに行動できないことがないだろうか。私はある、、、 そんなときに限ってミスをしてしまってさらに追い込まれたり。 それでも、ここ数年は、歳をとったせい…

『面倒くさい』をやめてみると心が楽になった。

私は物事をすぐ後回しにしてしまう。何かと理由をつけて、自分を納得させたりしながら。 特に、片付けや昨日話題にした家事を始め、今やらなくても何とかなるものや、何となく面倒くさいと思うことほど、後回しにしがちだ。 ただ、よくよく考えると(考えな…

家事を気分転換のツールにする。家庭も円満に⁈

私に家事を語る資格があるのかは疑問もあるが、ここ数年だけ見れば、少し語ることも許されるかもしれない。 我が家では家事の分担を明確に決めていない。理由がある訳ではないけれど、家事に義務感がうまれてしまうような気がしするし、お互いにやって当たり…

振り返ってみると、人生の中で、娘と一緒に過ごせる時間は思っているほど長くない。娘に限らず大切な人と過ごす時間は貴重だ。

次女が家を出て大学の寮に入るため、空港近くまで車で送っていった。実際の出発は明日なのだが、仕事で休みが取れず、前日に送って行くことになった。 というものの、実は無理をすれば休めなくもない会議ではあったのだが、空港で見送るとなると、涙をこらえ…

おでこに力が入っているとストレスに弱くなる。“優しい微笑み“で力を抜くと良いらしい。

仕事をしていたり、考え事をしているとき、気づくとおでこ(眉毛の上の皺眉筋(シュウビキン))に力が入っていることがないだろうか。ストレスを感じているときによくあると思っていたが、皺眉筋が凝っているとストレスに弱くなるという。 YouTubeで心理カ…

仕事は結果だというけれど、仕事をしているのは人間。仕事に対する姿勢・プロセスも評価されないと働き続けることは厳しい。

仕事は結果を出さないと評価されない、結果が全てだと言われることもある。確かに、ビジネスの世界では、結果を出さなければ意味がないこともある。 しかし、仕事をしているのは一人ひとりの人間であって、結果だけが評価され、必要とされる組織で長く働き続…

来週から大学の寮に入る次女と日帰り家族旅行で熱海へ御礼参り。寂しくなるなぁ。

次女が来週から大学の寮に入るのを前に、家族揃って熱海へ。 入試前に合格祈願に行っていた二つの神社への御礼参りも兼ねての日帰り旅行だった。 コロナ禍もあって家族で遠出するのは本当に久しぶりで、嬉しく楽しい旅になった反面、心の奥では何となくしん…

将来どうなるかは誰にもわからないのだから、楽しい希望を想像しよう!と心掛けるようになったら心が楽になった。

私は元々、ネガティブ思考の傾向が強く、不安や心配が多いタイプ。それで助けられたり、大きな失敗を避けられたりと言ったメリットもあった。 それでも、何かと心配や不安になることが多く、電話があれば悪い知らせでは?と思ったり、家族からの返信や連絡が…

次女の高校卒業式。無事に卒業できたことに感謝。

今日は次女の高校卒業式だった。無事に卒業してくれたことに感謝と安堵を感じた。 卒業できることは当たり前のことではなく、本人はもちろんだけれど、それだけではなく、先生方を始めとした学校関係者、友人、家族などの努力や支援があってのこと。 高校生…